おすすめの本

はーとめいどで参考にしている本を紹介します。
絵を描き始めた時は、Wordで始めました。その時に参考にした本が、「ワードとペイントで始める小さなお絵描き」でした。
その後に、「Wordでできる大人のお絵かき」を見て、曲線を使うと大人っぽいイラストが描けるんだなと思いました。
仕事でWordやExcelは使っていたので、操作で参考にしている本はありませんが、イラストを描くときに参考にしたり、私も描きたいと気分が上がった本を紹介していきます。

かおかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん)

子どもが幼い時に、絵を描いてあげようと思ったときに見つけた絵本です。
三角や丸、四角といった図形や線を組み合わせて、人の顔や動物の顔の描き方を教えてくれる絵本です。
このサイト「はーとめいど」を作るきっかけになった絵本です。
他にもどうぶつかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん)なんでもかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん)など購入して子どもと絵を描いた思い出があります。

ワードとペイントで始める小さなお絵描き

載っているイラストがどれも可愛いくて真似して描きたくなる一冊です。
私がWordで絵を描き始めた時は可愛く描けないなと思っていたけど、この本を見た時にWordで絵を描く世界が広がりました。
絶版になってしまいましたが、中古品で購入することができます。
私はなぜか2冊持っています。

Wordでできる大人のお絵かき

この本が出た当初はパソコン教室やパソコン同好会でテキストとして使っていたところが多かったと思います。
グラデーションのきれいなイラストの描き方が紹介されています。

配色アイデア手帖 世界を彩る色と文化

海外の風景、民族衣装、お菓子などの文化や歴史を配色した、旅行気分になれる配色見本集です。
配色のサンプルごとに、ポイントやデザイン、パターン、イラストなどが載っていて参考になります。
北欧のフィヨルドの春やサンタクロース村の配色にとても惹かれるし、京都、祇園や日本の春の配色をみて心落ち着きます。
写真も美しく、枕元に置いている一冊です。